品川宿




「東海道五十三次」といわれる江戸から京都間五十三
の宿の中で、品川宿は緒街道の最初の宿場町である。
旅人は、品川宿を経由して西を目指し、また家路に
ついた事から「東海道の玄関口」として栄え、宿内の
家屋は1600軒、人口7000人規模で賑わっていた。



戻る