専福寺



岡崎市祐金町

専福寺
寺の旧記には、もと木町大手口(今の材木町)
にあったと書かれています。その後の住職祐欽
は、家康が岡崎城にいたころ親交があり、一向
一揆の時、家康に和議をすすめて怒りをかい、
この地を去りました。石川数正の母・芳春院が
家康歎願して、1580年ごろ再興されたと言わ
れています。東海道が寺の北を通るなど、交通
の要衝に位置しており、敵を防ぐ拠点ともなって
いたことが、高い鼓楼などからうかがえます。








戻る