仙波東照宮



川越市小仙波町

徳川家康をまつる東照宮は、家康の没後その遺骸を
久能山から日光に移葬した元和3年(1617)3月、
喜多院に4日間逗留して供養したので、天海僧正
が寛永10年(1633)1月この地に創建した。その後
寛永15年(1638)正月の川越大火で延焼したが、
堀田加賀守正盛を造営奉行とし、同年6月起工、
同17年完成した。当初から独立した社格をもたず、
喜多院の一隅に造営されたもので、日光・久能山
の東照宮とともに三大東照宮といわれている。
社の規模は表門(随身門)・鳥居・拝幣殿・中門
(平唐門)・瑞垣・本殿からなっている。本殿の前は
歴代城主奉献の石灯籠がある。なお、拝殿には岩佐
又兵衛勝以筆の三十六歌仙額と幣殿には岩槻城主
阿部対馬守重次が奉納した十二聡の鷹絵額がある。





戻る