佐屋街道




佐屋街道は、寛永3年(1626)と11年(1634)の三代
将軍徳川家光の通行を契機として整備が進められ、
寛文6年(1666)には幕府の道中奉行が管理する官
道に指定された。この街道は、熱田宿と桑名宿を結ぶ
七里の渡しの風雨による欠航や船酔いを嫌う多くの
旅人が行き交い、東海道の脇往還として非常に賑わ
っていた。商用や寺社参りの人々、参勤交代の大名
行列、さらにはオランダ商館シーボルトや十四代将軍
家茂、明治天皇もこの道を通行している。
永年にわたり日本の幹線道路網の一部をになってきた
この街道も、明治5年(1872)の熱田と前ケ須新田(現:
弥富町)を結ぶ新道の開通によりその役割を終え、
現在では地域の幹線道路として親しまれている。



戻る