三七松



羽島市



三七松
豊臣秀吉と徳川家康が戦った小牧・長久手の戦い
(1584)で、秀吉は不破友綱の竹島・加賀の井城
を攻めた。友綱は妻を離縁し実家の八神城へ
帰したが、妻は石田の地に着いて自害した。
家老の三七は墓標に椎松を植え殉死をとげた。
(他に様々な言い伝えあり)松は大木に成長したが、
大正4年に枯死した。松を切ると生血が出ると恐れ
られたが、今は三七を讃える漢詩が残るのみ。





戻る