真田幸村



三光神社

真田の抜け穴






安居神社


真田幸村戦没地






金剛峯寺

和歌山県伊都郡高野町高野山



真田父子、高野山のふもとの九度山で流浪暮らし。

真田庵
和歌山県伊都郡九度山町九度山
戦国の武将、真田昌幸・真田幸村父子は慶長5
(1600)年関ヶ原の戦で西軍に味方して敗れ、
高野山に配流の身となるが、後九度山のこの地
で蟄居生活。昌幸は、慶長6(1611)年再起を
願いながらこの地で65歳の生涯を閉じる。幸村は
慶長18(1614)年、この地を出て立ち、大阪城に
入城、大阪冬の陣、夏の陣で奮戦、元和元年
(1615)茶臼山付近で壮烈な最後をとげる。

大谷吉継の娘が、真田幸村に嫁いでいる。

敦賀城

福井県敦賀市


戻る