坂上田村麻呂


坂上田村麻呂の墓

京都市山科区



この墓には、平安前期の武将坂上田村麻呂を葬っ
ている。田村麻呂は、奈良時代の武将坂上苅田麻呂
の子。延暦20年(801)、当時の日本では大きな問題
となっていた蝦夷地を平定するため征夷大将軍に
任命され、遠く陸奥に出兵し、これを治めて大変な
功績をあげた。京都にあっても弘仁元年(810)の
薬子の乱などに活躍し、官職あh右近衛大将に
いたった。弘仁2年5月23日死去、54才。この地で
葬儀が営まれ、嵯峨天皇の勅によって甲冑、剣や
弓矢を具した姿で棺に納められ、平安京にむかって
立ったまま葬られた。田村麻呂はまた仏教の信仰
も深く、清水寺を創建したことでも有名である。
なお、この墓地は、明治28年平安遷都1100年
祭にさいして整備されたものである。


戻る