西郷局



静岡市葵区常盤町・宝台院

宝台院は、徳川家康の側室で2代将軍秀忠の生母
西郷の局(お愛の方)の菩提寺である。西郷の局は
、27歳で家康に仕え、翌天正7年(1579)4月、家康
の第3子秀忠を生んだ。家康38歳のときである。こ
のころ、家康にとっては、浜松城にあって、三方原
の合戦、設楽原合戦、小牧長久手の合戦と、戦争
に明け暮れた最も苦難な時代であった。西郷の局
は、家康の浜松城時代に仕え、苦しい浜松城の台
所を仕切った文字どおり糟糠の妻であったというこ
とができる。天正14年12月、西郷の局は、長かった
苦難の浜松時代を終え、名実共に東海一の実力者
となった家康と共に駿府入りした。家康の陰の立て
役者として、献身的に仕えた西郷の局は、駿府入り
とともに浜松時代の疲れが出て、天正17年5月、38
歳の短い生涯を終った。後年、将軍職についた秀忠
は、母のために盛大な法要を営み、その霊をなぐさめ
た。以来、徳川三百年の厚い保護を受けたのである。





戻る