犀ケ崖



浜松市中区鹿谷町

犀ケ崖と呼ばれる範囲は、はっきりしないが、この
付近から下流450mの間に急な崖が連続している。
この付近では、幅約30m、両岸とも深さ10数mの絶壁
をなす。元亀3年(1572)12月22日、徳川家康は
三方原において武田信玄に一戦を挑んで敗け、
浜松城に逃げ帰ったが、その夜、犀ケ崖付近で
徳川方が、地理に暗い武田方を急襲して、この崖
に追い落としたと伝えられる。崖上の宗円堂には、
この戦による両軍の死者の霊が祀られておら、
その霊を慰めるため、毎年遠州大念佛が行われる。










戻る