龍海院


龍海院

岡崎市明大寺町

龍海院
この寺は別名「是字寺」と言われています。松平清康
(家康の祖父)が20歳の時、左手に「是の字」を握る
夢を見、その意味をある僧に占わせたところ、「是」は
「日の下の人」であり、「是の字を握るは天下をとること
なり」と出たので、大層喜び、この僧のために一寺を
建立したのが龍海院だと伝えられています。以後、
清康の家臣酒井正親の菩提寺となりました。また
、家康の継母真喜姫(田原御前)の墓もあります。





真喜の方の墓


酒井正親の墓



戻る