楽苦我喜インフォメーション
メルマガはじめました。
発行周期:随時
マガジン説明:保育園で教えてもらった歌を精一杯楽しそうに歌っ
ています。でも、私は、つまらなそうに日々を生きています。この
娘達の将来が、私のようになってしまうかもしれません。そうなら
ないためにも、私が変わらなければならないと感じ始めました。
☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★
   楽苦我喜ステーション
                            2004.
                     Vol.000
☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★

  私には、二人の娘がいます。
 その娘達が、手をつなぎながら、大きな声で歌っています。

 アメガアガアタヨ
 オシサマガデテキタヨ
 アオイソラノムコウニ
 ニジガアガアタヨ
 …・


 保育園で教えてもらった歌を精一杯楽しそうに歌っています。
 5才になる娘(長女)が歌詞を書いてくれました。(現在は、6才)

 娘は、カタカナで大きな文字で書いてくれました。
 「オシサマ」と書いてくれました。
 とても、とても楽しそうに書いてくれました。

 でも、私は、つまらなそうに日々を生きています。この娘達の
 将来が、私のようになってしまうかもしれません。そうならない
 ためにも、私が変わらなければならないと感じ始めました。
日々、捜し求める中で、この子たちに何か残してあげられるもの
 はないか。
そうだ、私の訪ね求めてきた世界を残そう、また、世の中の子供
 達が、生きる上での知恵になったらいいなと思い書き進めてきま
 した。


  きっと、大人が、子供に対して自分の心のポケットにしまって
 ある大切な思い出・知恵を伝えていったならば、世の中は必ず良
 くなるのではないかと感じ始めたのです。


  文章を作成するにあたっては、恥ずかしいいなあ、とか、皆ん
 なにどう思われるかな、とか、あいつ、これくらいしか書けない
 のか、とか、様々な思いがわきましたが、今の自分を精一杯あら
 わせれば、それが一番大切ではないかと思い、一つの形として残
 せるように努めてきました。


 なにはともあれ、私という一個人から、思いを文字として形と
 しました。我が子を社会に送り出す親の思い、わが娘達を嫁がせ
 る父親の願いに近いのかもしれません。


    この思い、情報により、皆さんが毎日が幸せで、楽しく、豊か
 な人生になりますよう心から、お祈りいたします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
□発行:サクラ オフィス
□E-mail:a.jun.sakuragi@nifty.ne.jp
□HP:http://homepage3.nifty.com/sakura-office/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

楽苦我喜インフォメーション (マガジンID:0000134395)

メールマガジン登録(まぐまぐ)

メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ


    バックナンバー
      Vol 1〜2

      Vol 3〜5

      Vol.6〜7

      Vol.8

      Vol.9〜

      Vol.11〜

      Vol.13〜

      Vol.15〜

      Vol.18〜

      Vol.21〜

      Vol.24〜

      Vol.26〜

      Vol.28〜

      Vol.30〜

      Vol.33〜

      Vol.36〜

      Vol.37〜

      Vol.39〜




■メールマガジン・アドレス登録(メルマ)
メールアドレス(半角):
■メールマガジン・アドレス削除
メールアドレス(半角):


Powered by melma!



Macky メールマガジンID:amoju



                 トップページに戻る