大津城



瀬戸市山口町

大津城
大津城主八郎右エ門重俊は、人皇第59代宇多天皇
の末孫とあり、古事記由緒記み山口本泉寺西、
500mのところに大津城有り、大津鈴右エ門、
八郎右エ門居城せり、城構は一名掻上げ城といい、
東西1町南北2町にして二重堀をめぐらし、
午の方に大手門、未の方に門口有りと記されている。







戻る