大阪城


                 大阪城
                                  大阪市中央区大阪城

                           大阪城
                 明応5年(1496)の秋、浄土真宗の蓮如上人が今の
                 大阪城付近の一宇の坊舎を営んだ。この坊舎はやが
                 て大阪本願寺(石山本願寺)と呼ばれる大寺院に成
                 長し、折からの戦国の世にあって大いに権勢を奮った
                 が、やがて台頭してきた織田信長のために天正8年
                 (1580)陥落してしまった。
                 ところが、まのなく信長は本能寺の変で自刃してしまい、
                 その後を継いだ豊臣秀吉が新たに大阪に手を入れ、
                 本願寺跡に入るが天正11年(1583)、天下統一をね
                 らう秀吉は新たに大規模な築城工事に着手、やがて
                 三国無双と評される豪壮な城郭を完成させた。しかし、
                 この城も秀吉の死後17年を経た慶長20年=元和元年
                 (1615)、大阪夏の陣の兵火にかかって全焼してしま
                 った。
                 夏の陣後、大阪は一時松平忠明の領するところとなっ
                 たが、将軍秀忠は間もなく直轄地とし、元和6年(1620)
                 から大阪城の大規模な修築工事を開始させた。
                 この工事は10年の歳月を経て寛永6年(1629)に完成し
                 たが、わずか36年後、落雷のため天守が焼失し、以後
                 江戸時代を通じて天守は再建されなかった。幕末に至り、
                 町人の御用金で大手多聞櫓の再建をはじめ大修復が
                 行われたが、明治維新の動乱で多くの建造物を焼失した。

                                                   
(パンフより)

                     

                         豊臣秀頼 淀殿ら自刃の地

               豊臣秀頼 淀殿ら自刃の地
                       
大阪市中央区大阪城

                                

                                     
戻る