大久保忠世


清瀧寺


信康廟

浜松市・清瀧寺

当寺は、京都知恩院の末寺、本尊は阿弥陀如来。
天正7年(1579)9月15日岡崎次郎三郎信康(徳川家
嫡男)が二俣城において生害。時に年21歳。遺骸を当
寺に葬り、法名を騰雲院殿前三州達岩善通大禅定門
といいます。天正9年徳川家康は当寺に来臨し、清水
の湧き出るのを見て、寺名を清瀧寺と名付け、信康に
清瀧寺殿と諡(おくり名)をしました。ここには信康の他
に殉死した吉良於初、当時の二俣城主大久保忠世、
三方原で討死した中根平左衛門正照らの墓もあります。






戻る