大原幽学


大原幽学出生地

名古屋市中区三の丸



大原幽学出生地
江戸末期の農民の指導者で、一説に寛政9年
(1797)尾張藩重臣大道寺直方の二男として、
名古屋城三の丸大道寺邸内で生れたといわれ
る。神・儒・仏の三道を究め、一つの学問を開き、
名付けて性学または性理よもいった。天保9年
(1838)下総国(千葉県)香取郡長部村八石に先祖
株組合を組織し、農村生活の改善に力を尽した。

愛知県図書館



戻る