小名木四郎兵衛


新小名木川水門

東京都江東区

森下を東西に流れている小名木川は、一説には、
天正18年(1590)8月、徳川家康が江戸入府した際、
行徳(千葉県)から塩を搬入するために開削した
直線水路で、小名木四郎兵衛が水路の開削に
あたったので、この名が付けられたと言われる。





小名木川

東京都江東区



1590年頃、徳川家康が小名木四郎兵衛に
命令し、開削された運河である。この川は、
開削した「小名木四郎兵衛」の名からとった。


戻る