奥平貞治


                          奥平貞治の墓
                     奥平貞治の墓
                                       岐阜県不破郡関ヶ原町

                     徳川家康はかねて反応を約束していた小早川秀秋を
                     監視するために、奥平貞治を松尾山に派遣していた。
                     決心を促された秀秋は、ついに山を下りて、友軍の 
                     大谷隊を攻撃する。                    
                     その時、貞治は陣頭に立ち、敵を追尾した末に、この
                     地で戦死したと伝えられる。               
                     墓は子孫の貞昭、碑は保存会により建てられた。  


                                 

                                    戻る