起渡船場石灯台


岐阜県羽島市



起渡船場(新井側)は尾張藩の御船手奉行の支配下
におかれ、渡し船常時二艘のはか旅人の多い時に備
えて置船一艘、合わせて三艘常置されていた。
この石灯台は明和7年(1770)に建てられたものである。
伝承によれば竹鼻伊勢屋の祖先の力士がある夜
起町から木曽川を渡り新井の堤防へあがろうとしたが、
道も方角もわからず大変困ってしまった。そこで堤防の上に
石灯台並びにその油代として田二反(1990u)をも併せ
て寄付されたものです。碑文は京都伏見の人で荻生徂徠
や太宰春台に学んだ竜公美(1714〜92)のものである。






戻る