岡崎城


                岡崎城
                         
愛知県岡崎市・岡崎公園

                           岡崎城
                 岡崎城の起源は15世紀前半までさかのぼる。明大寺
                 の地に西郷頼嗣(稠頼)によって築城されたのがその
                 はじまりである。その後、享禄4年(1531)に松平清康
                 (家康の祖父)が現在の位置に移して以来、ここが岡
                 崎城と称されるようになった。
                 天文11年(1542)12月26日、徳川家康は、ここ岡崎城
                 内で誕生した。
                 家康は、6歳で織田信秀(信長の父)、8歳で今川義元
                 の人質となり、少年期を他国で過ごしたが、永禄3年
                 (1560)の桶狭間の合戦で、今川義元が戦死したこと
                 を契機に自立した。ときに19歳。以来、岡崎城を拠点
                 に天下統一という偉業への基礎を固めた。
                 元亀元年(1570)、家康は本拠を遠江浜松(静岡市浜
                 松市)に移し、嫡男信康を岡崎城主とした。天正7年
                 (1579)に信康が自刃したあとは、重臣の石川数正、
                 ついで本多重次を城代とした。天正18年(1590)に家
                 康が秀吉によって関東に移されると、秀吉の家臣田中
                 吉政が城主となるが、家康が江戸に幕府を開いてか
                 らは、譜代大名にここを守らせた。
                 江戸時代、岡崎城は「神君出生の城」として神聖視さ
                 れ、本多氏(康重系統)、水野氏、松平(松井)氏、本
                 多氏(忠勝系統)と、家格の高い譜代大名が城主とな
                 った。石高こそ5万石前後と少なかったが、大名は岡
                 崎城主になることを誇りにしたと伝えられる。
                                     
(パンフより)

                          大手門
               

                岡崎城の大林寺郭堀跡で安土桃山時代末期に築か
                れたとみられる二段になった防御用の強固な石垣が
                見つかった。石垣は天守から五百メートルも離れて
                おり、日本の城として江戸城、豊臣政権下の大阪城、
                拡張を繰り返した幕末の姫路城に次いで四番目に
                巨大な城だったことが証明された。
                                 中日新聞(H19.11.4)

               

                岡崎城の大林寺郭堀跡で安土桃山時代末期に築か
                れたとみられる二段になった防御用の強固な石垣が
                見つかった。石垣は天守から五百メートルも離れて
                おり、日本の城として江戸城、豊臣政権下の大阪城、
                拡張を繰り返した幕末の姫路城に次いで四番目に
                巨大な城だったことが証明された。
                                 中日新聞(H19.11.4)

               
                         産湯の井戸

                 
                           愛知県岡崎市

                 1542年徳川家康が岡崎城内で誕生。
                 この井戸の水を汲み、産湯にしようした。

                           えな塚
                
                           愛知県岡崎市
                徳川家康のえな(胞衣)を埋めた塚。もと本丸南にあ
                ったものをここに移す。



                
                             岡崎市

                        田中吉政(1548〜1609)
                        岡崎城主(1590〜1600)
                当時菅生川の南にあった東海道を城下へ引き入れて
                「岡崎二十七曲り」の基礎を造り、また惣掘(田中掘)
                を築造するなど、城下町の整備を行った。

                

                吉政は豊臣秀吉に名前の一字を賜わるなど重用され、
                当時尾張の領主となった秀吉の甥秀次の付家老とし
                て天正18年(1590)に岡崎に入城し、以降十年間、
                新しい城下町づくりを行った。関東の徳川家康の西上
                に備え、城下町全体を堀と土塁で囲み、総郭と櫨門を
                築いて「二十七曲」と呼ばれた屈折の多い道を造った。
                また矢作川に橋を架け、東海道を城下町に導くことで
                商工業の発展を計った。寺院・神社の領地没収など
                厳しい対策もこうじたが、兵・農・商・工を区分し、町や
                交通の発展を見通した現在の岡崎の基となる都市
                開発を行った。


                              戻る