お金物語


ヤップ島の石貨

東京都千代田区・日比谷公園

「貝」
中国大陸に面する海は黄海と呼ばれ、黄色に濁った
海でその浜辺には砂浜がなかったので、美しい「貝」
はいませんでした。光り輝く美しい「貝」は、遠く南の
海から珍しい宝物として持ってこられ、これが装身具
となり、また同時に物と物を交換する道具としての
「貨幣」の役割をはたしたのである。例えば「貨・財・
買・貴・賃・費・負・債・質・貧・・・」など、中国貨幣の
元祖たるものが「貝」であったことを物語っている。

72割の公式

ミリオネアメンタリティ

六文銭

ヤップ島の石貨

紙幣の中の人物

貨幣資料館



BY未来考房

楽苦我喜情報館へ戻る