御葉附銀杏






周囲約2.5m、高さ12m、樹齢約150年、雌株。
毎年8月から11月上旬ごろの間、数多くの
銀杏を実らせますが、その一部は葉面上に
付いています。銀杏の発育が不完全なものが
多く、小さくて、長楕円や、細長く普通の銀杏
と著しく形が異なっています。葉面上に生じる
銀杏の数は、多いもので5〜8個ですが、おお
むね1〜2個で、葉脈が次第に太くなり、先端の
所が主に形作られていきます。化石から出土さ
れた「いちょう」に良く似ていて、銀杏が表面上
に生じるのは、花が枝や葉の一部だという学説
を裏付けるものです。「いちょう」は中国及び
日本の特産で我が国においては神社仏閣の
境内に数多く植えられていますが、この「おは
つきいちょう」のような葉面上に銀杏を生じる
ものは少なく、貴重なものとされています。
昭和4年12月17日、国の天然記念物として指定。



戻る