小倉山城


小倉山城

美濃市



小倉山城と小倉公園
小倉公園は、金森長近の築いた小倉山城跡に、
明治27年(1894)公園として開放されました。
金森長近は、戦国時代、織田信長・豊臣秀吉・
徳川家康の三英傑に仕え、遂に飛騨の国主大名
となり、高山城を築いた武将で、関ヶ原戦の軍功
により、この地方武儀郡を加封され、美濃国に
進出すると、ここを本拠地として慶長11年(1606)
小倉山城を築きました。前面の石垣は、築城
当時のままで約400年間の風雪に耐えた史跡
で、上段が本丸・下段が二の丸、この西が三の
丸でした。長近の死後、二代城主・長光が幼死
したので、後嗣なく断絶、城は破却された。







小倉山のいわれ
関ヶ原の戦いで戦功のあった金森長近は、徳川
家康から、「上有知」をもらいました。新領地に来た
長近公は、それまでの鉈尾山にあった城を廃し、
この尾崎丸山に築城を決意。風流を愛し、茶を嗜
んだ文化人長近公は、山名を「小倉山」と改める
とともに、城名を小倉山城(1606)とし、山麓一帯に
新しい上有知の町を造る。小倉山は、京都嵯峨野に
ある四季の風光の美しい名勝地・小倉山に由来する。

長近の松





戻る