小川土佐守祐忠


二條陣屋(重要文化財小川家住宅)


豊臣秀吉に仕えた伊予今治(現在の愛媛県)7万石の
城主となった小川土佐守祐忠は、関ヶ原の合戦に
敗れて出家し、その長男千橘が、萬屋平右衛門と
名乗って、この地で米穀商、両替商及び木楽屋を業とした。
この建物は、その住宅として寛文10年(1670)頃に創建
されたものである。当家は、二条城や京都所司代に仕候
する中小大名の陣屋として、また京都町奉行所の公事宿
として利用されたので、隠し階段や武者隠しなど、大名の
身辺警護のための特殊な構造、設備が施され、更に類焼
防止の工夫も多い。建築様式は、数奇屋式住宅で、
極めて繊細優美であり、建築学的価値も非常に高い
とされている。昭和19年(1944)に、数奇屋式住宅、
陣屋式建築、防火建築の三点から、当時の国宝
保存法に基づく国宝に指定され、昭和25年、
文化財保護法により重要文化財に指定されている。






戻る