御土居



京都市上京区馬喰町・北野天満宮











御土居は、天正19年(1591)豊臣秀吉が長い戦乱
により荒廃していた京都を整備すべく都市計画を行
ったとき、外敵の来襲にそなえ、防塁として築いた
土塁(土居)である。その長さは23Kmに及び、これ
によって京都が洛中と洛外に分けられた。多数の
人々を動員して築造した御土居であったが、江戸
時代になると、堤防としての役割を除いては無用の
ものとなり、やがて近代になると開発により次々に
壊され、北辺を中心に部分的に残存するのみとなっ
た。ここ紫竹上長目町、同上堀川町に残る御土居
は、御土居の北東隅にあたる重要な部分であり、
昭和5年(1930)7月8日、市内に残る他の7ヶ所とと
もに、京都の沿革を知るうえで、またわが国におけ
る都市計画の歴史を知るうえで重要な遺跡として
国の史跡に指定された。なお、その後、北野天満宮
境内の1ケ所が追加指定され、現在では9ケ所の
御土居が国の史跡となっている。  (案内板より)





廬山寺

京都市上京区



戻る