如意城


                    
                           名古屋市北区如意2

                                 石黒重行
                   重行は越中国(富山県)貴船の城主石黒重之の子、
                   父祖の志を継いで南朝に仕え、足利氏と戦って敗れ、
                   一時奥州に逃れた明徳4年(1393)長谷川重行と名乗っ
                   てこの地に住み、後に斯波氏に属して味鋺・如意の領
                   主となった。夢窓国師の徳を慕い、瑞竜寺(後、瑞応寺)
                   の七堂伽藍を造営、晩年剃髪して宗円居士と改めた。
                   墓はこの寺の墓地にある。

                                瑞応寺
                    
                             名古屋市北区如意2


                                  戻る