野呂塚



愛知県犬山市羽黒町羽黒東



野呂塚と八幡林古戦場
この地一帯は、八幡林古戦場といわれている。
天正12年(1584)3月17日、ここでの戦いは、
続いて起る小牧、長久手合戦の緒戦ともいう
べき合戦であった。豊臣秀吉方美濃兼山城主、
森武蔵守長可(森蘭丸の兄)は3000の兵を
率い、家康のいる清洲をうかがおうと羽黒八幡林
に陣を構えた、家康方の酒井忠次、榊原康政ら
5000と未明からの激戦となったが、森勢の惨々
たる敗北となった。鬼武蔵の異名をもつ長可が
身をもってようやく逃れることができたのは、
長可の忠臣、野呂助左エ門、助三父子の勇戦
奮闘の末の戦死があったからである。






戻る