能見城


能見城

岡崎市元能見町



観音寺


永正年間に至り、三河松平家三代信光の八男、
当地の城主光親が堂宇を再建して観音寺と称し、
以来子孫代々、家運長久の祈願所として尊崇し
てきた。慶長6年(1601)伊奈備前守忠次より寺
領5石の寄進を受け、慶安元年(1648)三代
将軍家光によって、これが朱印状に改められた。
墓地に松平光親以下代々の墓碑が現存する。





戻る