二条城



京都市中京区

二条城は、慶長8年(1603)徳川初代将軍家康が、
京都御所の守護と将軍上洛の際の宿泊所として
造営し、三代将軍家光が、伏見城の遺構を移すなど
して、寛永3年(1626)に完成したもの。
家康が建てた慶長年間の建築と家光がつくらせた
絵画・彫刻などが総合された、いわゆる桃山文化の
全貌を見ることができる。慶応3年(1867)15代将軍
徳川慶喜の大政奉還により、二条城は朝廷の
ものとなり、明治17年(1884)離宮となり、
昭和14年(1939)京都市に下賜された。














戻る