新田白山神社



岡崎市

白山神社
白山神社は、もと岡崎城内にあり、城主の産土神
として崇敬されていました。参河国聞書には、「永
禄9年(1566)家康が在城の折、厄除け、開運、
祈祷のため、上州新田から勧請した」と記されて
います。例年、6月30日午後5時から、夏の厄除
けとして、家康公の故事にならって、あし輪と自
然石の鳥居くぐりの神事が行われています。




白山神社の大くす




白山神社の大くす
胸高囲7.7m、根囲9.4m、樹高12.5mのクスノキの古木。
老樹であるが、樹勢なお衰えず、枝張りは東西に22m、
南北に14.5mにおよぶ。白山神社は、永禄9年(1566)
に徳川家康が厄除け開運祈願のため、上野国新田から
勧請したとうたえ、岡崎城主に産土神とされていた。




戻る