長束正家


                    長束正家陣跡
            

                       長束正家陣跡
             長束正家は、文禄4年近江水口5万石の領主とな
             り、ついで12万石に加増され、従四位下侍従に叙
             任、慶長3年(1598)7月五奉行の一員に列せられ
             ました。同5年関ヶ原合戦では西軍に属し、9月15日
             の決戦では、1500人の兵とともにここ境野に陣し、
             合戦前には東軍の池田輝政との間に銃撃戦があ
             りました。その後三成方の敗北を聞くと水口城に
             帰城しましたが、池田長吉に欺かれ自殺しました。


            
                  
岐阜県不破郡垂井町栗原

                     
長束正家邸址
            
                            愛知県稲沢市長束町

             
長束正家は豊臣政権の五奉行の一人。    
             関ヶ原の戦いでは毛利秀元、吉川広家とともに
             南宮山に布陣したが、毛利、吉川の不戦や妨害
             により自身も行軍できず敗走。自刃。


            
                       滋賀県長浜市

            

                        長束正家
            栗太郡長束村(草津市)の出身で、丹羽長秀・
            長重の家臣であったが、経済通を買われ秀吉
            側近をなった。五奉行の一人で水口城主。秀吉
            死後一時家康に近づいたが、豊臣家のため
            筋を通そうとした三成の心にうたれ、関ヶ原では
            行動を共にしている。合戦後は、居城がある水口
            に戻ったが、東軍の攻撃を支え切れず、北走し、
            蒲生郡中之郷(日野町)で進退極まり自刃した。

                    水口岡山城跡
            
                      甲賀市水口町

            

                      水口岡山城跡
            眼下野洲川を見下ろし、鈴鹿の山並みを眺望する
            大岡山は、低山ながらその特徴的な山容で、多く
            の人々に親しまれてきた。古くは行基が開いたと
            される大岡寺も、その山内に大伽藍を構えていた
            とされる。天正13年(1585)、天下統一半ばに
            あった羽柴秀吉は、近江東南部一帯を見渡すこと
            のできるこの山に、天守閣を構えた山城を築かせ
            た。城は関ヶ原の合戦により、わずか3代15年で
            落城したが、この間、水口は城下町として道などが
            整備され、その後の発展の基礎が築かれた。江戸
            時代に、この山は「古城山(しろやま)」と呼ばれる
            ようになり、水口藩の御林山となった。享保年間に
            は、大岡寺の寂堂法印が地頭に移転させられて
            いた諸堂を山麓に復興し、山頂に奥の院として
            小祠を祀った。これが阿迦之宮の起こりで、現祠
            は、昭和41年に再建されたものである。その後、
            阿迦之宮は古城山の守り神、水口町全町民の
            守り神として、あわせて、悲運の城主長束正家
            (三代城主)の霊を祀るようになった。現在も、
            毎年4月17日に、この祠前で、法要と柴燈護摩が
            厳修されており、本町観光シーズンの幕開けを
            告げる行事として、多くの参詣でにぎわう。

            


                            戻る