夏目漱石・三島由紀夫


夏目吉信の墓

幸田町



永禄6年(1563)の三河一向一揆のとき、六栗城主
だった夏目吉信は、一揆勢に加担し、野場城に
立て籠もった。松平伊忠に攻められ捕らえられたが、
家康はこれを許し、命を助けた。元亀3年(1572)
12月22日徳川家康は、武田信玄と三方ケ原で
戦ったが、散々に打ち破られた。このとき吉信は、
恩を報ずるのは今と、家康の身代りとなり、壮烈な
討ち死にをとげた。家康は、その死を悼み、六栗
明善寺に葬らせた。墓はもと中屋敷にあったもの
を、近年ここに移した。(三河物語などによる)

明治の文豪夏目漱石はこの系の後裔である。




永井直勝生誕地

碧南市音羽町1丁目



子孫に作家の永井荷風や三島由紀夫などがいる。




池田恒興(勝入)

愛知郡長久手町武蔵塚
美濃大垣の城主。信長の有力な武将だったが、信長
の死後は、秀吉に味方した。「小牧。長久手の戦い」
では、岡崎攻めを計画。  しかし、途中の岩崎城攻
めに時間をとり、家康に追撃の機会を与えてしまって、
現在の仏ヶ根で戦死。永井直勝に討たれた。古戦場
公園内に、その碑「勝入塚」がある。恒興は、1580年
入道し、勝入斎と名乗る。塚名はこの法名にちなむ。



戻る