鉈尾山城


鉈尾山城跡

美濃市

鉈尾山城は、戦国末期の佐藤氏三代の城であり、
美濃市内の代表的な山城跡の一つである。この城
は永禄6年(1563)に佐藤六左衛門清信によって築
かれたと言われている。鉈尾山の由来は、四方釣壁
で構えられ、鉈一丁で壁を切り落とせば何千騎も防ぐ
ことができたことに由来すると言われる。二代城主の
秀方は、織田信長の家臣として戦功を挙げ、続いて
豊臣秀吉にも仕えて一時は飛騨の一部も領収した。
三代城主の才次郎方政も、豊臣氏の家臣として各地
を転戦したが、慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いの時、
西軍に属したため、戦後改易となった。関ヶ原の戦い
で、東軍に属した飛騨高山城主金森長近は、戦後
武儀郡を加封され、新たに上有知に小倉山城を築い
て居所とした。これより、鉈尾山城は廃城となった。
鉈尾山城は、山麓からの高さが約350mを越え、あち
こちに岩肌があらわれる険しい山上に築かれている。
このような天然の地形を最大限活かした上で、多くの
曲輪(防御の要となる平坦なところ)を設けている。
また注意深く観察すると所々に石垣の跡も残されて
いるのが確認されている。佐藤氏も通常の居所は
山麓の長良川沿いに設けており、鉈尾山城は有事の
際の備えとしての性格が強かったものと考えられる。









戻る