那須城



上郡豊郷町石畑



私たちの石畑の歴史は古く平安時代の後期にまで
さかのぼります。1185年(文治元年)源平の争乱の
中、屋島の合戦で「弓矢の名手」として名を馳せた
那須与一宗高の次男石畠民武大輔宗信が、この
辺りの豪族であった佐々木氏の旗頭として、那須城
(城跡)を造りこの地を治めていました。1239年
(延応元年)男山八幡宮(京都−石清水八幡宮)
から勧請した八幡神社と1258年(正嘉2年)に創建
した弥名寺があります。また、江戸時代後期には、
街道の往来で賑わう中山道・高宮宿と愛知川宿の
間の宿(あいのしゅく)として発展し、立場茶屋(たて
ばちゃや)が設けられ、旅人や馬の休息の場として
栄えました。さらに、中山道の役場前交差点南
(小字一里山)には、「一里塚」が設けられ、「高さ、
丈余の塚で松が植えられてあって、塚の上から
湖水が見えた」と、豊郷村史に記されています。




戻る