鳴海















丹下町常夜灯


鳴海宿の西の入口丹下町に建てられた常夜灯であ
る。寛政4年(1792)、篤志家の寄進により設置され
たものである。旅人の目印や宿場内の人々及び伝
馬の馬方衆の安全と火災厄除など秋葉社に祈願
した火防神として大切な存在であった。平部の常
夜灯と共に、鳴海宿の西端と東端の双方に残
っているのは、旧宿場町として貴重である。


戻る