南宗寺


徳川家康の墓

堺市堺区南旅篭町東3-1-2

南宗寺史に大坂夏の陣の時、家康は茶臼山に於
ける激戦に敗れて網代駕篭に乗って堺に逃げる
途中、後藤又兵衛の槍に倒れた。何分戦時中なの
ですべて秘密にして遺骸を南宗寺開山堂下に隠し
徳川の世となってから、これを久能山は改葬し、さら
に日光山に移送したといぅ伝説が記載されています。





戻る