七寺



名古屋市中区大須

稲園山と号し、真言宗智山派。
天平7年(735)僧行基により今の稲沢市七ツ寺町
に創建ざれたと伝えられる。延暦6年(787)河内
是広が当寺を再建。七区の精舎、十二の僧坊を建
てたことから七寺と呼ばれるようになったという。
天正19年(1591)清須に移建され、慶長16年
(1611)この地に移った。寺宝の木造観音菩薩坐像、
勢至菩薩坐像及び一切経は、国の重要文化財に指定。



戻る