中村家住宅


中村家住宅

浜松市西区雄踏町宇布見

中村氏は今川家の代官として浜名湖の軍船を支配
していたが、永禄11年(1568)に徳川家康が遠江へ
入国すると、18代目の正吉は船を迎えるなどの御用
を果たし)、以後は徳川家に仕えて、今切軍船兵糧
奉行や代官を勤めた。中村屋敷(浜松市雄踏町宇
布見)において天正2年(1574)2月8日に徳川家康の
側室お万の方が家康の二男である結城秀康を出産。







胞衣塚


天正2年(1574)2月8日、徳川家康の次男(幼名を
於義丸、後の結城秀康)が、この中村家で生まれた。
母親はお万の方で、出産時の胞衣(後産)を埋めた
のが胞衣塚である。塚上の梅は徳川家康のお手植
えと伝えられ、数代を経ている。明治17年(1884)に
越前松平一門が、塚の由来を記した胞衣塚碑を建立。

戻る