那古野神社



名古屋市中区

延喜11年(911)の創建といわれ、素盞鳴尊を祭神
とする。もとは天王社又は亀尊天王社ともいい、城内
三の丸にあった。慶長15年(1610)名古屋城築城の
際、徳川家康が御神籤でもって神意を伺ったところ、
遷座不可と出たためそのまま城内に留まり、城の鎮
護、名古屋の氏神として祀られた。明治9年(1867)
現在地に移され、明治32年那古野神社と改称された。




戻る