長久手城


                           
                                愛知県愛知郡長久手町城屋敷

                           

                           長久手城は、中世末期、長久手村を領有した加藤
                           太郎上衛門忠景(1543〜84)の居城です。
                           忠景は、16世紀の中頃、前領主斉藤氏の古城を修
                           築して入城しその後、近隣の地侍らと親交を深め、
                           姻戚を結びました。天正12年(1584)小牧・長久手の
                           戦いの時には、家康に従った義弟岩崎城主丹羽氏
                           次の留守を預かって奮戦しましたが、池田隊の多勢
                           に敗れ、城兵230余名もろとも戦死しました。
                           城は後に民家になり、荒れ果てましたが、文化6年(
                           1809)忠景子孫の尾張藩士が当地に訪れ、宅跡の
                           観音堂脇に石標を立て供養しました。

                                   長久手観音と城趾碑
                           


                                        戻る