長浜城


                   
                               滋賀県長浜市

                                長浜城
                  天正元年(1573)9月浅井長政滅亡後、湖北(びわ湖
                  の北部)を支配したのは、羽柴(豊臣)秀吉であった。
                  姉川合戦と小谷攻めで手柄をあげた秀吉は、その功
                  績によって浅井氏の領国の大部分を与えられ小谷城
                  に入った。そして翌天正2年夏にはすでに今浜(いまの
                  長浜市公園町附近)に築城を開始している。秀吉が湖
                  岸に城を移した理由は、琵琶湖の舟運を重視した領国
                  経営にあったと考えられる。秀吉の築城については、
                  当時の絵図や古文書がほとんど伝来せず、不明な部
                  分が多い。材木は竹生島などから運んできたことや、
                  石垣用の石材は領内から集められ、石仏や五輪塔な
                  どの墓石まで使用された記録は残っている。天正3年
                  秋頃に秀吉は小谷から今浜城に移り、地名を「長浜」
                  と改めて天正10年まで在城した。

                              豊臣秀吉像
                   
                              滋賀県長浜市

                   

                  天正10年(1582)には清洲会議で長浜城は柴田勝家
                  に譲られ、勝家の甥勝豊が入城したが、はやくもその
                  11月、秀吉は勝豊を攻めて、翌年の柴田勝家との賤ヶ
                  岳合戦の軍事拠点としている。
                  天正13年から18年まで山内一豊が城主となり、その
                  移封後は次第に荒廃し、湖北真宗門徒の惣会所が城
                  内に設けられたともいう。この時期湖北は、佐和山城
                  主石田三成(現、長浜市石田町出身)の支配下に入っ
                  ている。
                  慶長11年(1606)には徳川家康も異母弟内藤信成が
                  城主となり大修築を行う。慶長17年その子信正が城主
                  となるが、元和元年(1615)摂津高槻城へ移封によって、
                  長浜城は湖北支配の役割を彦根城に譲って使命を終
                  えた。廃城後、石垣・櫓材などは彦根城などに運ばれ、
                  長浜城は完全に失われた。長浜大通寺台所門や知善
                  院表門(いずれも市指定文化財)などはその遺構と伝え
                  られる。
                  現在の長浜城は、昭和58年に再興され、市立長浜城
                  歴史博物館として開館。外観は、2層の大屋根に望楼
                  をのせた初期天守の様式で、「秀吉の長浜城」を再興
                  しようという市民の熱望によって天正期の城郭を想定し
                  て建築されている。(パンフより)

                              太閤井戸
                   

                  平成17年6月23日 中日新聞より
                  滋賀県長浜市教育委員会は22日、豊臣秀吉が築いた
                  長浜城の遺跡から、金箔を施すため漆が塗られた鯱瓦
                  が見つかった、と発表した。市教委は、秀吉が本能寺の
                  変の翌年に柴田勝家を破った賤ヶ岳の合戦(1583年4月)
                  直後、諸大名に天下統一を知らしめるため、長浜城に
                  金箔を使ったとみている。


                                 戻る