武佐宿



滋賀県近江八幡市

中山道67番宿場武佐宿
武佐は昔「牟佐」または「身狭」の字を使ったが
江戸時代頃よりこの「武佐」をつかう。蒲生郡
第一に賑わいを見せ、中山道の大きな驛として
人馬の継立は人夫50人、馬50駄を常設、本陣、
脇本陣各々一、問屋二軒を有し、旅籠は二十三軒
あったと言われる。この絵図は享保13年(1728)
6月に輸入された象が翌年(1729)3月、大坂、京都、
大津を経てこの武佐宿で一泊した時の様子で、
ここは象の通った道として知られている。












戻る