御手洗池



岐阜市御手洗

むかしうしろの山に伊奈波神社があり、この池で
手を洗って参拝したことから、この名がある。
慶長5年(1600)関ヶ原合戦があり、時の岐阜城主
織田秀信は石田三成に味方し、徳川軍の福島正則、
池田輝政らに攻められ落城した。そのおりに大勢の
奥女中らがこの池に投身自殺したと伝えられる。






戻る