水口城



甲賀市水口町

水口城跡
別名・碧水(へきすい)城
水口は都から伊勢へ通じる交通の要所であり、中世
後期にはすでに町並が形成されていましたが、天正
13年(1585)には、羽柴秀吉の命により水口岡山城
が築かれ、その城下町として発展を見せました。
関ヶ原合戦後、この地を直轄地とした徳川家康は、
水口を東海道の宿駅に指定しました。そして家康は
しばしばこの地を通行し、宿内の大徳寺などに宿泊
しています。寛永11年(1634)3代将軍家光は上洛
に先立ち、道中となる水口に専用の宿館を築かせ
ました。これが水口城です。作事奉行には建築や
造園・茶道などで知られる小堀遠州があたりました。
城は堀と石垣をめぐらした本丸と北側の二の丸から
なり、本丸内部には御殿が建てられました。その
建物構成は京都二条城に共通し、数奇をこらした
ものでした。その後、幕府の任命した城番が管理する
番城となりましたが、天和2年(1682)には、加藤明友
が入封し水口藩が成立、水口城はその居城となり
明治維新に至りました。維新後は廃城となり、建物
や石垣の大半は撤去されましたが、本丸敷地のみ
は保存され、昭和47年(1972)滋賀県の史跡に指定
されました。平成3年(1991)出丸の部分に矢倉が
復元され、「水口城資料館」として開館いたしました。








戻る