水口宿



甲賀市水口町

宿場町の水口
天下を握った家康は、慶長6年(1601)東海道を
整備し、五十三の宿駅を置いて公用輸送を確立、
この時水口も宿駅となりました。宿場は、町数27、
家数718と発展、俳聖芭蕉も逗留し、「命二つの
なかに生きたる桜かな」句を残しています。庶民
の旅が盛んとなった江戸時代後期には40余の
旅籠と本陣・脇本陣があって客引きで賑わい
ました。宿場の名物には、干瓢・葛細工、煙管・
泥鰌汁等があり、夏の風物詩「干瓢干し風景」は
歌川広重の浮世絵によって広く世間に知られた。











戻る