耳 塚


                            耳塚
                  
                            京都市東山区
                              耳塚
                    この塚は、16世紀末、天下を統一した豊臣秀吉が、
                    さらに大陸にも支配の手をのばそうとして、朝鮮半島
                    に侵攻したいわゆる文禄・慶長の役(朝鮮史では、
                    壬辰・丁酉の倭乱、1592〜1598年)にかかる遺跡で
                    ある。
                    秀吉輩下の武将は、古来一般の戦功のしるしである
                    首級のかわりに、朝鮮軍民男女の鼻や耳をそぎ、塩
                    漬にして日本へ持ち帰った。それらは秀吉の命により
                    この地に埋められ、供養の儀がもたれたという。
                    「耳塚(鼻塚)」は、史跡「御土居」などとともに京都に
                    現存する豊臣秀吉の遺構の一つであり、塚の上に建
                    つ五輪の石塔は、その形状がすでに寛永2年(1643)
                    の古絵図にみとめられ、塚の築成から程ないころの
                    創建と想われる。
                    秀吉が惹き起こしたこの戦争は、朝鮮半島における
                    人々の根強い抵抗によって敗退に終ったが、戦役が
                    遺したこの「耳塚(鼻塚)」は、戦乱下に被った朝鮮民
                    衆の受難を、歴史の遺訓として、いまに伝えている。


                                             案内板より
                    耳塚の周囲には、方広寺三十三間堂等がありま
                    す。このような所に耳塚はあります。

                    耳塚でいつも思うことがあります。歴史は、今の視点
                    からとらえるのではなく、その時代の常識に立ち返っ
                    て考えなくてはいけないということです。

                                方広寺
                    

                    
                       京都市東山区大和大路正面茶屋町

                    方広寺は1586年、豊臣秀吉が奈良の東大寺になら
                    って大仏建立を開始したのがはじまり。
                    1595年、高さ約18mの大仏殿がほぼ完成するも、翌
                    1596年の大地震のため、大仏は大破。
                    1598年、豊臣秀吉死去。
                    1612年、大仏殿完成。
                    大仏殿は、豊臣家滅亡後も破却されず残るが、
                    1798年、落雷により焼失。
                    
                    イメージとしては奈良の東大寺よりも大きい大仏を想
                    像していただければいいと思います。

                                東大寺
                    

                    
                                 
奈良市

                    この方広寺のすぐ前に耳塚はあります。


                         岡部又右衛門家跡
                    
                             名古屋市熱田区

                    岡部又右衛門家は代々熱田の宮大工であった。
                    同家の此言とその子此俊は、織田信長の大工
                    棟梁として安土城造営に携わった。その跡を継い
                    だ宗光は、豊臣秀吉による京都方広寺大仏殿造
                    営にあたり、慶長14年(1609)名古屋城築城におい
                    ては徳川家康から御大工頭を命じられたが、完
                    成を見ずに翌15年没した。熱田大工の名門である
                    岡部家の関与は、とくに地元の職人を組織する
                    上で重要な役割を果したといわれる。

                             豊国神社
                    

                            三十三間堂
                    



                          

                                 戻る