美江寺宿



岐阜県瑞穂市



美江寺一里塚跡




中山道美江寺宿跡



美江寺は既に、天正17年(1598)豊臣秀吉の下知に
よって、問屋場が設けられ、往還の荷物の中継ぎの
業務に当たっていたが、江戸時代になって中山道が
整備されるに及んで、近世宿場制による駅伝業務を
担当する宿場となった。寛永14年(1637)4月伝馬役家
と歩行役家各々25軒を定めて問屋の支配下に置き、
交通業務に当たったのが、美江寺宿の公式開設で
ある。宿場の機関の一つである本陣は、宿場開設より
32年後の寛文9年(1669)春、時の領主加納藩の
戸田丹波守光永によって建設され、問屋山本金兵
衛が管理を兼ねた。以後、山本屋が世襲して宿駅制
廃止まで継承した。一般旅人のための旅籠や茶屋は
年代により増減があったが、これは幕政改革の影響
であろう。文久元年(1861)10月26日の和宮親子内
親王江戸下向の途次、当宿御小憩と慶応4年(1868)
2月20・21両日、当宿を発信地とした東征軍東山道
鎮撫隊のことは、当宿交通史の特記事項である。
明治3年(1870)閏10月、民部省布告による宿
駅制廃止に伴い、宿場の歴史を閉じた。


美江寺宿本陣跡


開蒙学校跡





美江寺千手観音像


中山道跡地



瑞穂市内の中山道は、幕府へ降嫁された皇女和宮
の遺徳をたたえて建設された呂久の「小簾紅園」から
揖斐川の「呂久の渡し」、田之上(新月)にある鎌倉
時代後期の自然居士作の千躰仏をまつった千躰寺、
天保4年創建の美江寺千手観音堂前、美江寺宿の
本陣跡地、明治35年再建の美江寺観音、明治14年
改名の美江神社を経由したのち、五六川を渡り、
高札場跡地、寛文10年設立の本田代官所跡地、
文化6年建立の本田地蔵堂(延命地蔵)がある
本田地内を通過し、河渡宿(岐阜市)に通じていま
した。終戦直前までは、現在の呂久から田之上(新
月)に至る両側には江戸時代初期に植えられた
松並木が素晴らしい景観を保ち、当時の旅人の心
に安らぎを与えていましたが、その後の土地改良
等により、残念ながら当時の松並木は消滅してし
まいました。また、中山道は東海道などと比べ、
水の難が少なく、江戸へ嫁いだ姫君も頻繁に往
来したため、別名「姫街道」とよばれました。







呂久の渡し、呂久渡船場跡



天正時代織田信長が岐阜に在城し、天下統一のため
京に近く交通の要衝である近江の安土城に居所を移し
た頃から美濃と京都の交通がひんぱんとなり赤坂ー
呂久ー美江寺ー河渡ー加納の新路線が栄えた。
これが江戸時代の初期に整備されて五街道の一つ
中山道となり、この呂久の渡しもそれ以来交通の要所
となった。慶長15年(1610)頃、この呂久の渡しの船頭
屋敷は13を数え、中でも船年寄馬渕家には、船頭8人、
助務7人が置かれていた。その頃の川内は、平水だ90m、
中水で120m、大水では180mに及んだといわれている。
文久元年(1861)には、皇女和宮親子内親王が中山道
をご降嫁の折この呂久を渡られ、その折船中から東岸の
色鮮やかに紅葉した楓を眺めこれに感懐を託されて
「落ちて行く身と知りながらもみじ葉の人なつかしく
こがれこそすれ」と詠まれた。後に和宮様のご遺徳を
しのび、昭和4年(1929)この呂久の渡しの地に歌碑を
中心とした小簾紅園が建設され、昭和45年(1970)
には巣南町指定の史跡となった。この呂久の渡船場は、
大正14年(1925)木曽川上流改修の揖斐川新川
付替工事完成によりこの地より東へ移り現在の揖斐川
水流となり長い歴史を閉じることとなった。






戻る