松平久子


随念寺

岡崎市門前町

1563年に家康が創建した楼門と白土塀の美しい寺で、
松平七代清康(家康の祖父)の妹・久子の墓がある。
久子は、家康が生母於大と生別して以来、家康を
養育した人。東海道を見下ろす丘陵に建てられた
一連の社寺の中でも、幕府の庇護が厚く、城の
防衛拠点としても名残りを、今もよく残している。



松平久子の子(父は鈴木重直)は、遠山利景に嫁いで
いる。利景の兄は、明智光秀の娘婿の明智秀満である。


足助城

東加茂郡足助町

足助の鈴木氏は忠親→重政→重直→信重→康重
と5代続き、16世紀に入ると、岡崎の松平氏との間で
従属離反を繰り返すが、永禄7年(1564)以降は松平
氏のもとで、高天神城の戦いなどに武勲をあげる。

戻る