松平郷


                               高月院
                  

                  高月院は、貞治6年(1367)の創建で、徳川氏の始祖
                  松平家の菩提寺です。
                  慶長7年(1602)寺領、100石を徳川家康より下賜され、
                  以後幕末に至るまで厚遇されました。
                  境内の収蔵展示室には、市指定文化財の高月院文
                  書、弁財天の図、野風炉など貴重な文化財が展示さ
                  れています。

                  
                          愛知県豊田市松平町
                  境内には、国指定史跡「松平家遺跡」となっており、
                  初代親氏、二代泰親、四代親忠夫人の墓所があり
                  ます。

                  

                         元信君(徳川家康)御手植
                  

                  

                            松平親氏公像
                  

                         松平東照宮
                  

                             産湯の井戸
                  
                           愛知県豊田市松平町

                  在原信盛が掘ったと言われ、松平家は代々この井戸
                  の水を産湯に用いました。岡崎城主松平広忠の子
                  竹千代(後の家康)が誕生した際、この水を竹筒に
                  入れ早馬で届けたと言われます。

                               戻る