松下之綱



浜松市頭陀寺町頭陀寺第一公園

松下屋敷
永禄元亀の頃、松下嘉平治之綱代々浜松城主の旗下
となりて住みたり。その後之綱石見守となりて下野国
壬生の城主となりたる由。又天文9年の頃、木下藤吉郎、
尾張の国より来りて松下嘉平治に仕へたる由。

鎌研池
木下藤吉郎、松下嘉平治之綱に奉公の折、草刈
に出て鎌を研ぎし処なりと言伝う。又東方二町余地
を目刺という。豊公幼時草刈の節、手裏剣の練習
に雑魚の目を松葉にて刺せし池の跡という。








戻る