万場宿跡




万場宿は、佐屋街道「万場ノ渡」をはさみ、岩塚宿(
中村区)と向いあって、寛永11年(1634)御伝馬所に
指定され宿場が置かれた。この両宿場は近距離にあ
ったため、制度上は一宿と見なされ、月の上半月を万
場宿が、下半月を岩塚宿が交代で人馬継立の役務
を行った。明治5年(1872)御伝馬所は廃止された。

国宝神社


光円寺

名古屋市中川区

山号「臥龍山」の立派な金字額がかかる山門は、
織田信長と斉藤道三が会見した尾北(尾西市)
富田村聖徳寺の山門を移築したものである。


聖徳寺石碑
聖徳寺石碑
愛知県尾西市冨田
1553年4月、信長と斎藤道三の会見が行われる。
尾張と美濃を分ける木曽川河畔の富田にある聖徳
寺(正徳寺)が会見場所となった。          
この時の折り目正しい信長の儀礼により、道三は、
信長を見る目を変えた。
                

戻る